廃止措置のための格納容器・建屋等信頼性維持と廃棄物処理・処分に関する基盤研究及び中核人材育成プログラム

東北大学
人が集い、学び、創造する、世界に開かれた知の共同体
  • imagephoto
  • imagephoto
  • imagephoto
  • imagephoto
  • imagephoto
  • imagephoto
  • imagephoto

東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故発生後、政府及び東京電力㈱は、「東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」(以下、「中長期ロードマップ」という。)をとりまとめ、これに基づいて事故の早期収束に向けた各種の取組みを進めています。
この中長期ロードマップには、「中長期の視点での人材育成及び大学・研究機関との連携」に取り組むことが記載されており、これを推進するため、国の競争的資金として「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業 廃止措置研究・人材育成等強化プログラム」が創設されています。本プログラムの目的は、廃止措置等の人材育成に関する重点分野の中でも、民間だけでは着手しづらい中長期的基礎基盤研究について、多様な分野の叡智を結集することや、課題を克服し、安全かつ着実に廃止措置等を進めていく上で、この困難な課題の解決に貢献する人材を育成することです。
東北大学では、文部科学省からの委託を受け、平成26年度から本プログラムに基づく課題に取り組んでいます。

News & Topics